So-net無料ブログ作成

2020東京オリンピック開幕まで3年の日。日本スポーツ界を心配する。

暑い日が再び戻ってきました。
昨日の東京は真夏日になりませんでしたが、今日は再び30度越え。

朝早くからゴルフ全英オープン最終日、そして世界水泳競泳初日とテレビ朝日が全開です。
もう完全に時差ぼけですね。そうそう世界パラ陸上もロンドンでやってます(放送はNHK総合)。
8月4日からは世界陸上も始まります。

さて、3年後の今日、2020年7月24日には東京オリンピックの開会式が行われます。
最近、山下さんが日本柔道連盟の会長になったり、スケートの橋本聖子さんとかレスリングの高田さんとかがJOCの理事になったり、かつてのスポーツのビッグネームが日本スポーツ界の屋台骨を背負うような状況が生まれてきています。
まあ、それはそれで良いと思うのですが、昔の日本スポーツ界には、かなり影響力がある大物が存在しました。
たとえば嘉納治五郎さんとか岸清一さんとか大島鎌吉さんとか。そういうスポーツの世界を凌駕した人物がいたんですね。ほとんどの方が裕福な家に生まれていますが、亡くなった時はスポーツ界に財産を使い果たし、ほとんど無一文であったといいます。
そういう方が、今の日本スポーツ界には居なくなりました。
時代が違う、と言われればそれまでですが、ともかく影響力がある人も少なくなりました。
かのクーベルタン男爵も、ローザンヌ湖畔のベンチに座りながら亡くなった時、親から受け継いだ財産は、ほとんど使い果たしていたといいます。
願わくは、東京オリンピックで私腹を肥やしている人物がいないことを祈っています。

そんなことを考えながら東京オリンピック開幕まで3年の日を過ごしました。ちなみに今日は私の母とめ子の誕生日です。そして昔からお世話になっているエージェントの代表を務める岸本健さんの誕生日でもあります。

そんなスポーツ三昧でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る