So-net無料ブログ作成

サッカー第97回天皇杯開幕記者会見を取材。

西の方から天気は下り坂。
夕方まで雨が降っていなかったので、とりあえず朝のルーティーンを済ませて9時50分に家を出ます。

事電車で都心へ。
すっかり桜は葉桜になっていました。

11時15分、JFAハウスに到着。住所は文京区湯島ですが、駅でいうと御茶ノ水。
3階の記者室で情報収集をした後、1階のヴァーチャルスタジアムに。
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会開幕記者会見を取材します。

昨年まで8月下旬から開幕していた天皇杯。今年から大きく日程が変わり、4月22日から開幕します。
2回戦からJ1、J2チームが登場しますが、今年はすべて水曜日の平日開催。昨年までは、代表チームの活動中に実施されていたので、ことしは代表選手ももれなく参加できることになりました。
登壇者は、田嶋幸三JFA会長、松崎康弘天皇杯委員会委員長、そしてメインスポンサーのするが銀行CEOの岡野光喜会長。
質疑応答も入れて30分ほどで記者会見は終了。その後、昨年度優勝の鹿島アントラーズの植田直通選手と石井正忠監督が登場し、天皇杯を田嶋会長に返還しました。

わたしは、天皇杯の決勝は元旦にやるのではなく、4月29日の昭和の日くらいにやればいいのに、というのが持論です。それは昔から変わっていません。まあ、夏の暑い時期に多くのチームが都道府県予選を行っていた昨年度までとは異なり、今年からは少しは良くなったと思いますが……。

12時15分にJFAハウスを後にしました。
気温は26度を超えたようですが、夕方から雲が厚くなり、夜は雨が降り出しました。
午後2時帰宅。
それ以降、昼寝をしたり、休養に務めました。

そんなスポーツ三昧でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る