So-net無料ブログ作成

ハローサッポロ グッバイ ドリーム。

4時30分起床。
いちおう体温、血圧、体重の測定を済ませて朝食を摂り、投薬も済ませました。

5時40分、荷造りを済ませ家を出ます。
今日は成田空港から札幌・新千歳空港を目指します。

考えてみれば、飛行機に乗るのも久しぶり。お泊りで取材に行くのも久しぶり。
成田空港も久しぶり。LCCに乗るのも第3ターミナルに行くのも初めてです。

5:56分に東伏見発。鷺宮で西武新宿線準急に乗り換え、高田馬場へ。
JR山手線で日暮里へ。そして京成の特急電車で成田空港第1ビル着。
そこから約1.5kmも歩いて第3ターミナルに移動。陸上競技のレーンみたいのを辿っていきます。
こんなに空港を歩いたのは、2011年女子ワールドカップの時、ベルリンのシェーネンブルグ空港以来か。


ヴァニラ航空で荷物(9.5kg)を預けたら4000円も超過料金を取られました。結局、LCCって易くないんですよね。
まあ、バスに乗って飛行機に向かうのも我慢。座席の狭さは思ったほどでもなかったが、怪我をさせると、
「やっぱりLCCだ」と言われるのを避けるため、やたら荷物の扱いが五月蝿い。
今日は春一番が吹いたらしいけど、離陸時に空前絶後の横風を受けました。100回以上飛行機にのっているけど、あんな風は初めて。落ちるかと思った。

1時間ほどで白い大地に到着。新千歳は雪の中でした。
11時30分、荷物を引き取ってロビーへ。目の前に「札幌冬季アジア競技大会インフォメーションディスク」があったので、
「メインプレスセンターにいきたいのですが、どうやって行くのが一番よいですか?」とボランティアの女の子に質問してみると、
「ここでは分かりません。あちらのインフォメーションセンターで聞いてください」との返事。
おいおい、アジア競技大会のプレスセンターのこと、きいているんだよ。ちょっと対応にがっかり。
本当に札幌、2026冬季オリンピックを招致するのかな? もう少し年かさの男性がやってきて、
「メディアのことは考えていません。メディアの方は勝手にやってください」
開いた口が塞がらないとは、まさにこのことだ。

しかたなく、普通のインフォメーションセンターに行き、
「メインプレスセンターがある札幌コンベンションセンターに行くにはどうしたらよいですか?と質問すると、
「JRで新札幌まで行き、そこで地下鉄南北線に乗り換え、東札幌へ行き、そこから歩いて10分ほどです」
教えてもらった通りに行動すると1時15分ころにはコンベンションセンターに到着。気温は、それほど低くないが、雪も降っていて、路上は滑る。東京暮らしの身には、ちょっと辛い。
それでもMPCに着けば、最恵国待遇(?)は受けられました。
アククリデーションセンターでのADカード受け取りはスムース。MPCまで案内していただき、プレスキットもいただきました。リュック調の買い物バックみたいな袋に資料が入っています。
2022杭州、2026愛知・名古屋の資料も置いてありました。2026年まで現役が続けられるかどうか。

MPCのワーキングルームには、有線ランが来ていました。助かった。
じつはUSB外付けの無線ラン受信機を忘れてきてしまったのです。
あまり早くはありませんが、ともかくWeb Siteにアクセスできます。

MPC隣接のIBC(放送関係)エリアには、われわれのADではアクセスできません。
ちょっと高めのレストランがありました。でも無料のお茶、水、お菓子(札幌グランドホテル製とか白い恋人たちとか、かなり高級)が置いてあるメディアラウンジがあり、飢え死にはしないで済みそうです。

JOCのお仕事をしている旧知の藤原さん(元NHK)や竹内さん(元共同通信
)にもお会いできました。カーリング、アイスホッケーのミックスゾーンに入るオンでマインドチケットは無くなるそうです。
7時ころまで作業をし、ANAホテル(札幌駅)経由ですすきの通りのホテルにチェックイン。

ちょっと興ざめした札幌1日目のスポーツ三昧でした。
<了>

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る