So-net無料ブログ作成
検索選択

アイスホッケー関東大学リーグDiv.Ⅳ順天堂vs.首都東京戦を取材。

お天気は下り坂のようです。
11月も晦日になってしまいました。
歳月が流れるのは早い。
たぶん12月もあっというまでしょう。

昨日、白内障の手術うを受けましたが、午前中に田無の眼科クリニックを訪問。
かなり大き目の眼帯を外してもらいました。

その瞬間は感動ものでした。
亡くなった視力が復活。クリアに見えるのです。
もちろん、まだ右目だけですので、ちょっと違和感はありますが……。
看護士さんから、
「いかがですか?」と聞かれ、
「女性の顔がはっきり見えます」と答えたら笑われてしまいました。
さっそく視力検査。裸眼で0.9あるとといわれました。

その直後、ドクターから検診を受けました。
「順調です。目薬を2種類出しておきますので1日3回点眼しておいてください。左目は、予定とおり来週手術しましょう」と言われました。

処方箋をいただいて、東伏見の薬局でピックアップ
さっそく点眼して休養しました。
PCの画面の文字がクリアーなこと(昨日までは画面が真っ白でカーソルがどこにあるか分からなかった)、TVの小さな文字が綺麗に見えることにびっくり。

体調も良かったので、夜は関東大学アイスホッケーDiv.Ⅳ順天堂vs.首都東京戦を取材に行くことにしました。東大和まで自転車で行くのは避け、西武柳沢から電車で行くことに。念のために。

Div.Ⅳは、全勝チームがなく、首都東京、東京理香が1敗。日本医科と東京学芸が1敗1分けで追いかけるという大混戦です。
首都東京の戦いぶり画気になりましたし、順天堂は今季かだ見ていないので、どうしても取材したい試合でした。

ランク30位、オールメンバー18人の順天堂の先発は、GK稲葉(芝3)。DF渋谷(暁星3)、藤川(秀明3)。FW岩原(渋谷教育学園幕張5)、須山(甲陽3)、山田(慶應3)。
対するランク32位、オールメンバー15人の首都東京のスタメンは、GK松嶋(春日部共栄)。DF山岸」(川和1)、大谷(県立船橋3)。FW副だ(鹿沼1)、三津(帯広柏葉3)、唐澤(諏訪清陵4)。

午後9時58分、フェースオフで試合開始。
オールメンバーでは劣りながらもニューフェースの活躍で戦力充実した首都東京が試合の主導権を握りました。
2分37秒、エース三津のアシストで福田がゴール、首都東京が先制します。
5分53秒にはカウンターアタックから藤井(浜名1)ロングスルーを受けた中嶋(3)がドリブルシュート、0-2とリードを広げます。
6分40秒には自陣でスチールした藤井がドリブルで中央突破、確実にパックを押し込み0-3。
10分42秒には、清水(国学院4)のアシストで中嶋がゴール、0-4.
13分33秒には、中央の藤井がドリブルで突破、右にパスを出して受けた中嶋がシュート、0-5として最初の15分間を閉めました。シュート数は4-17と首都東京が大きくリードしました。
順天堂は、少ない攻撃の機会を得たも、選手交代に使わざるを得ず、なかなか得点
5分間の整氷無しインターバルを挟んで第2ピリオッド開始。

5点のアヘッドを追うべく順天堂も攻撃に出たいところですが、選手交代に使わざるを得ず、なかなかゴール前までパックを運べません。
その前がかりになったところを、首都東京は巧みに突いて背後を攻めました。
4分36秒、三津がノーアシストでゴール、0-6.
6分41秒には、三津のパスを受けた山岸がゴール、0-7。
8分35秒、首都東京の唐澤がクロスチェッキングの反則で2分間退場。順天堂はパワープレーのチャンスを掴みます。
ところがショートハンドの首都東京がカウンターアタック、清水が左45度から浮き球の技ありシュート、0-8とします。
ようやく13分12秒、順天堂は岩原のアシストで花岡(県立上尾2)がゴール、一矢を報いました。
14分40秒、順天堂の阪本がスラッシングの反則で2分間退場。首都東京は、このパワープレーのチャンスを生かし、14分24秒に大谷のアシストで三津がゴール。1-9として30分間を終了しました。第2ピリオッドのシュート数は2-24と大きく首都東京がリード。

12分間の整氷インターバルの後、第3ピリオッド開始。
ここまでくると順天堂としては、なんとか10点差をつけられて促進ルールに入らないようにすることだけです。
5分36秒、首都東京は三津のパスを受けた唐澤がゴール。1-10になり、促進ルールまで、あと1点。
ここで首都東京はタイムアウト。なんとしても10点差にしたいのか?
ところが順天堂は5分54秒、渋谷、花岡と綺麗に繋ぎ須山がゴール前混戦からパックを押し込みゴールイン、2-10と再び9点差に。首都東京の野望は潰え去りました。
首都東京は諦めずに攻撃し続けましたが、12分52秒に藤井がトリッピングの反則で2分間退場。5 on 5に戻るのが14分52秒では追加点は奪えませんでした。
ファイナルスコア2-10。総シュート数は7-60。ある意味、順天堂も良く守りました。
1敗を守った首都東京。優勝に大きく近づきました。最終戦は12月10日(土)の埼玉医科戦です。

終電ラス前の電車で帰れました。
12時すこし過ぎ帰宅。
遅い夕食を摂り床に就いたスポーツ三昧でした。
<了>

{結果}
順天堂 2-10 首都東京(0-5、1-4、1-1)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ueq

世界が輝いて見えたと思います。
お目でとうございます。
by ueq (2016-12-01 21:34) 

スポーツ三昧

ueq先生、ご無沙汰しております。
まだ、右目だけですので、違和感があります。
世界が輝いているというより、美人がはっきり見えるのがうれしいです。
もし、お時間がありましたら、忘年会でもやりましょう。
by スポーツ三昧 (2016-12-02 15:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る