So-net無料ブログ作成
検索選択

フットサル国際親善試合前日練習記者会見を取材。AFC U-23選手権準決勝をTV観戦。

東京地方、寒いけど快晴。

久しぶりに取材に出かけました。

まず、近所の柳沢図書館に。予約しておいた「ベルリンの奇跡」(竹ノ内響介・著、賀川浩・監修、東京新聞)を借りました。
この本、今月の日本サッカー史研究会のテーマになっている一冊ですが、今月の月例会が雪で来月に延期になったため、読んでおこうかと思ったのです。最近、老眼が進んで読書がつらくなってきたのですが、なんとか読んでみようかと思っています。

その足で原宿の代々木第一体育館に向かいます。
明日の夜、行われるフットサルの国際親善試合、日本代表vs.コロンビア代表の試合の前日公式練習の公開と監督記者会見があったので取材に行ってみました。

午後4時45分、代々木第一体育館に到着。
5時からコロンビア代表の練習が始まります。冒頭15分間だけの公開です。
簡単なウォーミングアップの後、フリーのシュート練習、そして1対1、2対1のシュート練習と続きます。しかし、ここで公開は終了。プレスルームで待機します。
6時少し前からコロンビア代表オスマル・フォンネグラ・  エナオ監督の記者会見が始まりました。
エナオ監督は、
「ロドリコ監督とはs親交があるし、たいへん尊敬している。われわれは秋にワールドカップを開催するので、現在強化の最中だ。ベストの状態ではないが、良いゲームをお見せしたい」とかたりました。また、背番号4のジェイソン・フォンネグラは、実の息子で将来有望な選手であるこyとも知りました。
会見は10フンほどで終了しました。
6時30分からは、日本代表ミゲル・ロドリゴ監督の前日会見がはじまりました。
「ブラジル、ポルトガル、イタリア、スペイン、ロシアなど競合に混ざり、ワールドカップでベスト4に入るチームコロンビア、一言でいえば強いチームだ。個人技を主体としたチームなので、日本はチームプレーで戦いたい。今、AFC選手権にむけて合宿中でもあり、必気体も良い状態ではないが、良い試合はできると思う。、期待してください」と語りました。
質疑応答ののあと、会見は20分で終了。
7時からは日本の公式練習。珍しく全公開で行われました。
簡単なウォームアップのあと。チームを二つに分けパス回し、
フリーシュートのあと、DF1人つけてのシュート練習、2任つけてのシュート練習。チームを二つの分けてのミニゲーム。そのあと、ロドリゴ監督指導の下、フォーメーション練習がみっちり行われました。まず、オフェンス、そしてディフェンス、普段は非公開になる練習なので興味深かったです。たぶん、ロドリゴ監督としては大サービスであったと思います。勉強になったし、明日の試合でどのくらい生きるのか関心が高まりました。
予定を15分間すぎ、8時15分に終了。選手のミックスゾーン対応もあったのですが、なにしろ2時間後にU-23日本vs.U-23イラク戦が始まるので失礼しました。

10時帰宅。TVの前に陣取ります。
マブダチ(?)の手倉森監督の進化を問われる試合です。これまでの大会はすべてベスト8止まり。対イラクは2連敗中です。U-23日本代表のスターティングラインアップは、GK櫛引(青森山田)。DF室屋(青森山田)、植田(大津)、なら(京都U-18)、山中(柏U-18)。MF原川(京都U-18)、遠藤(湘南ユース)のダブルボランチ、右翼が南野(セレッソ大阪U18)、左翼が中島(東京ヴェルディユース)。FW鈴木(桐生第一)、久保(京都U-18)。中盤ボックスの4:4:2の布陣です。(カッコ内)はユース年代の所属先。クラブ出身者が7任、高体連出身者が4任です。
イラクは4:2:3:1の布陣です。
スタジアムは違うとはいえ、23年前の「ドーハの悲劇」(24歳になる愚息はしりませんが)の相手との対戦とは皮肉です。
イラクは、トップのアブドルラヒームを多p-ゲットにして単純にロングボールを蹴りこんでくるだけですが、なかなか油断はなりません。
27分、スチールからのカウンターアタック、左さくぃどをスズキがドリブルで切り裂き、アーリークロス、久保が中央で合わせてゴール、先制します。
そのままハーフタイムになるかと思われた43分、イラクはコーナーキックからヘディングシュート。櫛引が2度まではふせぎますが、3度目に決められました。
1-1のままハーフタイムに入ります。

後半が開始されます。まったくの膠着状態。
22分、イラクはトップ下のカミルを交代します。
日本も直後に怪我上がりの鈴木井をオナイウ(正智深谷)に後退。
33分、久保を浅野(四日市中央工)に交代。
試合は1-1のままアディショナルタイムへ。45+1分、イラクは選手交代。その直後のコーナーキックからでした。
南野のシュートをイラクGKがパンチング、そのこぼれ球がばいたるえりあに行ったところを原川がシュート。パンチングのために前に出ていたGKは反応できません。ものの見事にシュートはイラクゴールに吸い込まれました。
日本、ついにイラクにリベンジしました。
45+5分、中島を豊川(大津)に交代。直後にタイムアップを迎えました。

U-23日本代表、リオ五輪行きを決めました。手倉森君、やりました。
こうなったら、優勝してほしい。

枕を高くしてねむられそうです。
そんなスポーツ三昧でした。
<了>

{結果}
Uー23日本代表 2-1 U-23イラク代表(前半1-1)
U-23日本代表はリオ五輪出場決定。





nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

たけし

イラクに劇的勝利!
興奮して寝不足です!
反省点もあるから是非見直しと
次のステップへ!
by たけし (2016-01-27 09:34) 

スポーツ三昧

たけし様、コメントありがとうございます。
やりましたね。内容はともかく勝ちきったことが素晴らしい。
こうなったら優勝してほしいですね。
今日は興奮してブログの記事も後回しです。
by スポーツ三昧 (2016-01-27 14:55) 

ueq

 『ベルリンの奇跡』(竹之内響介・著、賀川浩・監修)は好著だと思います。
 老眼に鞭打って、ぜひ読破してください!
by ueq (2016-01-29 01:54) 

スポーツ三昧

Ueq先生、コメントありがとうございます。
頑張って読破しようと思っています。
by スポーツ三昧 (2016-01-30 00:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る